更新が滞ってしまってごめんなさい。
久遠の彼方のやりこみ大会について、僕なりの方針が定まりましたので告知いたします。


まず結論ですが、開催は延期としたいなと思ってます。
開催の時期は本編完結がベストだと思います。気長に待つことになりそうですが、作者様の製作ペースを考えると2022年くらいには完結するかな、という気もしてます。
2年なら遅くもない…気長な話なんですが、やりこみをするとなるとプレイ期間だけでウンヶ月になることもざらなので、このくらいどっしり構えてても良いかなと。




延期とした理由なのですが、
現在の最新話まで最小ターン数を目指して自分でプレイしてみた結果、現状まででも十分に面白いものの、この先がもっと面白いことが実感できてしまった、というのが一番の理由です。

というのが、最小ターン縛りで進めていくと、最新話時点で経験値を多めに偏らせたキャラが中級技を覚えるかな、覚えないかな、といった感じになるんですよね。

アイテム購入の選択だけでもだいぶ攻略に幅が持たせられるものの、「誰に経験値を集めて中級技を優先的にアンロックするか」という一段深い戦略の入り口で止まってしまうんですよ。

これがもう少し先になると、序盤からコツコツ工夫した経験値配分で1ターン2ターンと最小ターン攻略に変化が出てきて、戦略によってはびっくりするような記録に繋がる匂いがプンプンしてたんです。

途中で取得できるアイテムの使い方で攻略ターンの限界が変わってくる場面も同様に増えていくはず。



やりこみプレイヤーの方でも、一度途中まで進めたやりこみを続きの話が出たからといって再走出来る人ばかりじゃないです。なら、一番美味しい本編完結までじっくり待ってから最高の大会を開くのがベストだと考えました。先日は先走って内容の告知をしてしまって申し訳ないですが、ご容赦いただけると嬉しいです。



というか、それなら既に完結している新説魔法少女やハーチウム辺りにターン数カウンタがポンと実装されたら何十時間か至福の時間が楽しめるって話なんですけどね…。
実装は難しいのかなぁ…作者様、この記事を見ていらしたら、簡単な追加で実装できるのならご検討いただけないでしょうか!?

ターン数縛りって、シンプルで奥が深いんですよ。前回の最大資金縛りのやりこみと違って、リソースを目一杯使って記録を目指せるのがいい。リソースをぶん回せるからいろんな選択肢が出てきて、試行錯誤できるのが楽しいです。


はー、早く最小ターン数縛りがやりたいなぁ。



ということで、今回はこれで。読者様のご意見ご感想もお待ちしています(^^)/