こんばんは。暑いですねぇ。

大会を暫く先にするので、あまり記事のネタも出しにくいのですが、
せっかく見に来てくれた方の為にも何かしら文字にしていきたいなと思います。

ということで、今回はターン数軽減の仕組みというか、枠組みについて
話していこうかなと思います。




ターン数軽減って、基本的に既に短いターン数に到達していればいるほど、そこから1ターン削るのが大変になるんですよ。

例えば7ターン目にボス出現、ボスを倒せばクリアというステージがあった場合。
原則は6ターン目までに自分達に有利な状況を作っておいて、ボスが出てきたらボス戦に専念できることを目指します。
10ターンクリアを目指すとしたら、ボス出現から倒すまでの猶予は4ターン。ぼちぼち頑張れば到達できるラインです。
それが9ターンなら猶予は3ターン、8ターンクリアを目指すなら2ターンでボスを倒さないといけなくなります。倍のスピードでダメージを与えていかないといけなくなりますね。7ターン撃破となると、それはもう理論値の到達点。7ターン目までボスは出ないんだから、何をどうやってもそれ以上は縮まりません。8ターン撃破の更に倍のペースでのダメージを要求されます。完璧な布陣を構築して、それでどうにかなるかならないか…といった世界です。




だから、例に挙げたステージの場合、クリアまで13ターンくらいかかっていた人がターン軽減を頑張ったとしたら、10ターンくらいまではすぐ縮まることが多いです。戦術の改良である程度の形を作れたら、ボス戦の難易度はがらっと変わりますから、出現から4ターンくらいもらえたらどうにかこうにかして達成できることが多いです。
でも、そこから更に2ターン3ターン縮めようとすると、それはもう苦難の道。MP配分や装備、配置等を工夫して、大胆に戦術を組んでいかないとクリアできる気配すら見えないでしょう。



そのための工夫あれこれや効果的な戦術等をネタにしていこうかな、と思ったのですが、長くなりそうですし次回にまわします。ネタが早々に尽きてもいけないしね。


今回は序論、次回はターン数軽減の為の基本的な考えに触れていこうかなと思います。
これからプレイする人の参考になればいいな。


次回更新は、お盆までに出来ればいいなぁ。ということで、今回はこの辺で。おやすみなさいー。